研究論文発表

梅雨も末期になり、昨年のように大規模な災害が発生しないかと心配するこの頃です。

その中、6月下旬に東京で開催されました、日本技術士会主催の「第36回技術士CPD・技術士業績・研究発表年次大会」に、当社の鐘技師長が「技術者としての本質的な考え方とその応用について」とういう論文を発表しました。

当大会は毎年一回開催され、全国の様々な専門分野の技術士の応募論文から10篇を選び発表します。九州地方からは鐘技師長の論文が唯一選出されたものでした。会社としても大変喜ばしいことであり、誇らしいことでもあります。

発表風景

講演風景

論文の内容は、人々は科学技術における幾多の定理、法則、規定、算式といった表象としての“知識”( What)は知っていても、その本質としての“原理”(Why)は、決して分っているとは限らないという点に着目し、知識勉強や技術仕事における実例を挙げながら、技術者として定理算式に対する本質的理解の重要性と有効性について論説したものです。

つまり、本質的な考え方を身に付けて有効利用すれば、①様々な定理法則や計算式に対し、原理的理解により、分かりやすく、覚えやすく、忘れにくく、楽しく理解できると同時に、人にも教えやすく、説明し易くなる。又、凡人でもその発見・発明すら十分可能となる。②仕事では、我々の応用力、発想力、開発力の向上や、ミスの効果的予防と迅速な検出及び効率的対応に寄与するものである。③従って、本質的考え方は私たちに勉強の効率、仕事の効率の向上に、根本的・普遍的・恒久的に寄与できるものと力説するものでした。

「論文賞」受賞

受賞式  賞状(本人持ち)

本論文発表会にて「論文賞」を受賞しました。

おめでとう!!  次回も期待しています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ページの先頭へ戻る