研究開発

行政のパートナー研究開発
業務の企画提案、技術講習会の講師派遣、委員会の企画運営、各種パンフレットの作成など行政のパートナーとして、気配り、気づかいの技術サービスを提供します。  また、設計上発生した諸問題について常に最善の解決方法を考え、新しい技術の採用及び開発に積極的に取り組みます。このような取り組みにより設計・施工の効率化を図るよう日々努力しています。

行政のパートナー

土砂災害防止法検討委員会運営

土砂災害防止法検討委員会運営

各種パンフレット作成

各種パンフレット作成

橋梁架設工法に関する講習

橋梁架設工法に関する講習

落石防止対策検討業務報告

落石防止対策検討業務報告

論文発表、講演

当 社 近 年 研 究 発 表 ・ 講 演 一 覧 表

       
論文名または演題名 発表会または講習会名
「ダムにおける側壁転倒照査法の提案」 H19年度 土木学会西部支部研究発表会
『「1サイズ載荷板法」の問題点及び
「2サイズ載荷板法」の提案』
H23年度 土木学会全国大会研究発表会
第10回(H20) 建設コンサルタント業績・研究発表会(「特別賞」受賞)
「斜め橋台の水平回転照査法の提案」 H23年度 大分県測量設計協会・技術士会 第2回CPD研修会
「半日で分かる構造力学の基本」 H19年度 大分県建設技術センター 専門技術研修
「照査の技術」 H19年度 大分県測量設計協会・技術士会 第2回CPD研修会
「渓流保全工の計画・設計」 H23年度 大分県建設技術センター  専門技術研修
「大分県における土砂・流木災害と砂防事業」 H25年度大分県測量設計コンサルタンツ協会・技術士会、第1回CPD研修会

表彰

表彰

 

「2サイズ載荷板法」とは?

直径の異なる2つの載荷板を用いて平板載荷試験を別々に行い、2つの試験結果から地盤の強度常数cとφを、正確に求める方法です。

なぜ「2サイズ載荷板法」が必要なのか?

  • 「危険設計」または「過大設計」の防止
  • 砂礫等で室内試験ではC,φを求めることが困難な場合
  • 「基準書」等でc、φが規定されない特殊地盤への適用
  • 地盤の支持力照査の外に、円弧すべり計算等も適用
 

人材育成、スキルアップ

当社は、各種研究会の参加や社内研修会の実施など、従業員のスキルアップに取り組んでいます。

社内パワーアップセミナー

社内パワーアップセミナー

今後の新しい開発に向けてチャレンジしています

今後の新しい開発に向けてチャレンジしています

業務改善活動

業務改善活動

技術講習会

技術講習会

安全管理状況事故の無い安全な職場管理の樹立

安全管理状況 事故の無い安全な職場管理の樹立

ISO審査状況

ISO審査状況 品質と効率化への対応

日進月歩

新しい情報を提供します。

日進月歩

ページの先頭へ戻る